本文へ移動

PVCJ事業のご案内

廃太陽光パネルのリユース・リサイクル の適正処理組織

 再生可能エネルギーの急速な普及に伴い、今後発生が予想される廃パネルの処理の問題が大きくクローズアップされています。処理が制度のもとで行われるEUと異なり我が国にはコントロールを行う組織が存在しませんでした。
 この度、一般財団法人秋田県資源技術開発機構は、この廃PVの適正な処理ルートを作るべく、PV CYCLE JAPANをスタートさせました。
 この組織は、EUにおいて廃電気・電子製品に関するEU 指令(改正WEEE指令)に基づき、使用済み太陽光パネルリサイクル適正処理を行っている国際的非営利団体PY CYCLE(本部:ベルギー国)と連携しているものです。


○ブランド名
 正式名称 PV CYCLE JAPAN
 略  称 PVCJ
 PV CYCLE JAPAN(PVサイクルジャパン)※(ベルギー本部サイト)

 また、PV CYCLE JAPANは、令和2~3年度の2年間、環境省の太陽光パネルの収集・リユースおよび非鉄金属の回収に係る技術実証である「脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」に取り組んだ成果を社会実装したものでもあります。PV CYCLE Japanの目的は、廃PVモジュールについて、以下の達成を目指すことで、国内法の適正処理はもとより、グローバルな考え方も考慮されており、保険・金融機関にも受け入れやすい処理を行う施設を増やし、排出者が安心して処理委託できるネットワークを形成することであります。
 
 1.健全なリユースの実施(必要な検査と二次市場形成)
 2.最終処分量の最小化と資源回収量の最大化
 3.大型発電所から戸建てまで、同様なサービスの提供
 4.全てのタイプのPVの有害物質の適正処理
 
 昨年は、運用体制の準備を行ってきましたが、既に協力施設も整備してきており、一般事業者等からの使用済み太陽光パネルの適正処理受付を本年より開始いたしました。今後、発生量の増加に合わせ、ネットワークを拡充していきます。

PVCJ概略図

使用済み太陽光パネル処理申込

使用済み太陽光パネル処理または見積もりのご依頼は、中間処分の拠点(ルート施設)を確認して下記フォームにてお申込みください。内容確認後、ご指定いただいたルート施設よりご連絡させていただきます。なお、直接ルート施設にご連絡いただくことも可能です。

会員について

PVCJでは次の会員を募集します。
(1) 正会員(ルート施設) ※現在募集停止中
廃太陽電池モジュール(以下、「廃PVモジュール」)の適正なリユース・リサイクルを行うにあたり、PVCJの認定を受けて活動する施設(ルート施設)を有する法人または団体。
年会費:30万円   認定費用:50万円(2年毎)
(2) 特別会員  ※現在募集停止中
PVCJの活動を直接的に支援するため、PVCJの認定を受けて活動する法人または団体。
年会費:一口20万円(口数は毎年変更可能)
(3) 賛助会員
PVCJの活動を支  援するために、入会を承認された法人または団体。
年会費:一口20万円(口数は毎年変更可能)

会員の申込みをご希望・ご検討される場合は、下記よりお問い合わせ願います。
会員申込等に関する資料を、別途お送りさせていただきます。

「廃太陽光発電設備のリサイクルネットワーク」これまでの取り組み

 今後、大量廃棄が予想される太陽光発電設備について、東日本におけるリサイクル拠点を秋田県に形成するため、秋田県の指導を受けながら関連企業等との共同プロジェクトに取り組んできました。
 

お問い合わせ先

 PV CYCLE JAPAN(PV サイクル ジャパン)

  〒017-0202
  秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古舘9-3
  TEL:0186-25-8813
TOPへ戻る